コバイケイソウとレンゲツツジ咲く霧ヶ峰高原

画像 平成25年6月28日
 昔の仕事仲間と3人で霧ヶ峰高原、白馬・栂池自然園と戸隠高原へ出かけた。
初日は霧ヶ峰高原、美ヶ原の予定だったが時間がなくなり霧ヶ峰高原(車山&八島湿原)だけだったが、今年はコバイケイソウの数年振りの当たり年で、真っ白な花と赤色のレンゲツツジが一面に咲く景色は見事だった。
 ニッコウキスゲは時期的に少し早かったが、シロスミレにも会えたのはラッキーだった。
<H25.7.13 記>





               <サムネイルをクリックしてより大きな画像でご覧ください>



<レンゲツツジの群落>
 手前のコバイケイソウの小群落の先にレンゲツツジの群落が見える。群落をもう少しアップしたのが右の写真で、雲がかかっているのが蓼科山(このあと雲が上がって頂上まで綺麗に見えた)
画像画像画像

<コバイケイソウの群落>
 こんなに辺り一面にコバイケイソウが咲いているのは初めて見た。今年の霧ヶ峰高原のコバイケイソウは約5年ぶりの当たり年とのことだった。
 左の写真をもう少しアップしたのが真ん中の写真。レンゲツツジも結構咲いているのがわかる。レンゲツツジもコバイケイソウも丁度見頃で、幸いにも梅雨の晴れ間も重なって大変ラッキーだった。
 左の小高い山の下に広がるのは「八島湿原」
画像画像画像

<ノビタキ>
 この時期の霧ヶ峰高原にはノビタキやホオアカが観察できるというが、この日はノビタキのみ見ることができた。ミラーレス一眼で16-200mm望遠ズームなので姿を写し留めただけの写真だが野鳥の写真は期待していなかっただけにラッキーだった。近くでは鳥やさんが600mmレンズにエクステンダーを装着して本格的に撮影していた。
画像画像画像


<八島湿原>
 50年以上前の学生時代に友人T君とこの八島湿原を訪れた時はほとんど整備されていなかったが、今では散策路も立派に整備され本当に歩きやすくなった。また、「あざみの歌」の歌碑もあった。この曲は八洲秀章の作曲だが、八洲秀章の作曲した歌(あざみの歌、山のけむり、さくら貝の歌、毬藻の歌、高原の旅愁など)が好きでカラオケでは良く唄う。
 時間の関係で散策路を左回りに少し歩いてみた。湿原には点々とレンゲツツジ、コバイケイソウ、アヤメ、グンナイフウロが咲き、イブキトラノオやニッコウキスゲも咲き始めていた。
 特に、八島ケ池に映ったレンゲツツジとコバイケイソウがとても綺麗だった。(写真左)
画像画像画像

<コバイケイソウ、シロスミレ、グンナイフウロ>
画像画像画像


 このあとは美ヶ原経由で白馬山麓のホテルまで行く予定だったが、ホテルの食事時間の関係もあってホテルまで直行した。


この記事へのコメント

2013年07月14日 18:03
こんにちは
お暑い毎日ですね。
先日はブログをお訪ねしたものの あまりの美しさに言葉もなく
気持玉だけで失礼してしまいました。(笑)
また改めて画像を大きくして見せて頂き 感激を新たにして
いるところです。
コバイケイソウ レンゲツツジ 素晴らしいですね。
私はコバイケイソウを知らなかったのですが 高校同期の末木さんが
田代湖の湿地に咲いていたコバイケイソウの写真を送って下さり
知りました。なんて美しいんでしょうね。こんな群生しているところ
見てみたいですし 歩いてみたいです。
その時本で調べたのですが「花期には当たり年とはずれ年がある」と
書いてあり ?と思っていたのですが わかりました。(笑)
今年は当たり年だったんですね。bunaさんよかったですね。
「あざみの歌」好きですよ。
腰のほうは大丈夫だったのか心配です。
霧ヶ峰高原 ご一緒させて頂いたような気持ちになりました。
美しい 見事な景色をありがとうございました。
2013年07月14日 22:16
こんばんは。
今年の霧ヶ峰のコバイケイソウは当たり年だったようで、ラッキーでした。
レンゲツツジの赤と白のコントラストがとても綺麗でした。
八島湿原では「あざみ」は咲いていませんでしたが、「あざみの歌」の歌碑を見て思わず口ずさんでしまいました。
腰は連続して歩くと腰や足が痛くなりますが、花の写真を撮りながら休み休み歩く時には全く問題ありません。連続してある程度の時間歩くと痛みが出てくるのがこの腰痛の特徴のようです。
primroseさんのブログのコバイケイソウなどの写真は末木さんから送られてきた写真だったのですね。Sさんて誰かなとチョット気になっていました。

猫柳
2013年07月22日 22:38
bunaさん こんばんは。
どうしてるのかな~~っていつも思っていましたよ。
でも今年のハギの花が咲くまで待ってよって決めていました。

お元気であちこち散策されていたのですね。
壮大な景色と綺麗なお花を見せて頂いて嬉しいです。
2013年07月22日 23:36
猫柳さん、こんばんは。
ご心配お掛けして申し訳ありません。
月に一度くらいは撮影には行っていたのですが、ブログを書くまでには。
仲間からも「どうしたの?」と言われて久し振りに書いてみました。

3週間後に同じ霧ヶ峰にバスツアーでニッコウキスゲを撮りに行ってきたので写真を整理中です。乞うご期待?
2013年08月10日 16:49
お久しぶりです。
どうされたのかしらと思っていました。
お元気で何よりです。
車山や八島湿原を懐かしく見せていただきました。
子供が小学生の頃 毎年行った場所ですがハイキングが主でした。
今なら花の撮影に行きたいですが。
ビーナスラインの素晴しい風景が思い出されます。
コバイケイソウの群落は見事ですね。
ニッコウキスゲが鹿から守られているようですね。
コバイケイソウは食べないと聞きました。
2013年08月11日 13:05
かなたさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。ご心配いただきありがとうございました。
月に1回ほどですが写真は撮っていたのですが、その先が進みませんでした。

車山や八島湿原は思い出の場所だったのですね。
コバイケイソウは今年は当たり年だったようです。
奥多摩同様あの辺りも鹿の被害がひどいようです。
幸いにもコバイケイソウは毒があるので被害にはあいませんが、ニッコウキスゲは保護しないと全滅してしまうようです。