レンプクソウ開花し、ジロボウエンゴサク満開(高尾・花情報)

画像 平成24年4月18日                               
                  
 今年3回目の「レンプクソウ」通いでやっと花に会えた。チョット変わった形状の花だが小さくて地味なので咲いている場所を知らないと見過ごしてしまいそう。
 裏高尾は薄いブルーの「ヤマエンゴサク」に代わってピンクの「ジロボウエンゴサク」(写真←)が満開になっていた。タイミングが良かったのかこんなに一面に咲く「ジロボウエンゴサク」を見たのは初めて。
以前NHKテレビで”すみれ街道”と紹介された小下沢林道は「タチツボスミレ」、「エイザンスミレ」、「(ケ)マルバスミレ」、「タカオスミレ」などが咲いていたが、年々少なくなってきているのが気になる。”すみれ”以外では「ヤマルリソウ」が見頃で、「ウラシマソウ」や「フタバアオイ」も咲き、「ラショウモンカズラ」も蕾に色がつき始めていた。
 夏鳥で八王子市の鳥にもなっている「オオルリ」もきれいなさえずりと美しいブルーの姿を見せてくれた。まもなく好きな「キビタキ」も姿を見せてくれることだろう。

<レンプクソウ>
レンプクソウの花は前後左右と上部に5つ花をつけるチョット変わった花だ。名前の由来は、昔この花の根元を掘ったら根がフクジュソウにつながっていたのを見つけたという人がいて、そのことから連福草(レンプクソウ)と言われるようになったとか。
画像画像画像

<ジロボウエンゴサク(左)、花後に萼片がピンクになったハナネコノメ、コチャルメルソウ群生>
ハナネコノメは、真っ白な萼片と真紅色の葯、黄金色の花粉がとてもきれい毎年最初に撮影する花だが、その後は他の花が咲き出して花後のハナネコノメはあまり気にしていなかった。今日見たものは萼片が随分色づいていたので撮ってみた。コチャルメルソウはハナネコノメが咲くまだ寒い頃から咲き出して随分と花期が長い花だ。
画像画像画像

<フタバアオイ(左)、ヒメウズ(中)、ウラシマソウ>
画像画像画像

<タカオスミレ(左)、ヒカゲスミレ(中)、ニョイ(ツボ)スミレ>
画像画像画像

<エイザンスミレ(左)、(ケ)マルバスミレ(中)、スミレ>
画像画像画像

<ヤマルリソウ>
画像画像画像

<レンプクソウ、ジロボウエンゴサク、エイザンスミレの群生>
画像画像画像









この記事へのコメント

猫柳
2012年05月02日 15:30
レンプクソウは今年も見られませんでした。いつかめぐり合いたい花の第1位です。
最近は裏も南も高尾方面はご無沙汰です。
先日、今熊山⇒金剛の滝⇒小峰公園を歩いてきましたが滝の手前にはハナネコノメがいっぱいあるんですね、もう咲き終わりでガクだけでしたが。
2012年05月02日 16:18
猫柳さん、お久しぶりです。
レンプクソウは地味な花ですね。
2~3年前にAさんに場所を教えて頂いて見ることが出来ましたが、今年は山野草も開花が不順で3回目でやっと咲いているのに出会えました。

金剛の滝にもハナネコノメがあるのですね。昨年バードウオッチング用の軽い長靴を水量のある金剛の滝撮影用に購入したので、来年は出掛けようと思います。今年はイワタバコの時期に行けたたら良いのですが。

そろそろあの時期でしょうか? でも今月中旬は栂池自然園や安曇野へ撮影に行くので来月頃でしょうか?
猫柳
2012年05月03日 21:47
そろそろあの時期ですね
来月楽しみにしています。