ススキとオギの見分け方は?

画像
平成17年10月15日      
「相模原の環境をよくする会」主催の『草花観察会』が相模川・上大島で開催されたので参加した。
講師は市立博物館学芸員の秋山幸也氏、テーマは「河原の植物に親しもう」で、”ススキとオギの見分け方”、”カワラノギクってどんな花?”、”ひっつき虫を観察しよう”などで2時間に渡って河原を歩きながら説明を受けた。説明も上手で判りやすく大変勉強になった。

ススキは知っていたがオギってどんな草? 結局知っていたススキは、ススキもオギも区別の無い十五夜の時に飾るあの姿をしたもの。(写真は”オギ”) 
区別の方法は教えてもらうと以外と簡単。実に生える毛の長さが、実と同じくらいなのが”ススキ”、実の3~4倍と長いのが”オギ”。この長さが”オギ”の方が長い分”オギ”の穂は銀色に輝いて見える。また、”ススキ”には実の先端から長く伸びる「ノギ」と呼ばれる一本の長い毛があるが、”オギ”には無い。
カワラノギクは、相模川、多摩川、鬼怒川でしか見られない絶滅危惧種で、どの川も自生のものはほとんど見られず、保護区でしか見られないと。相模川の保護区の一つは、相模原古民家園の敷地内にある。数輪咲き始めていたが下旬が見頃か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 絶滅危惧種

    Excerpt: 絶滅危惧種絶滅危惧種 (ぜつめつきぐしゅ) とは、乱獲、密漁、環境破壊、生態系の破壊、異常気象など、さまざまな理由によって絶滅のおそれが高い野生生物の種 (生物)|種(しゅ)のことをいう。国際自然保護.. Weblog: 環境に関する用語集 racked: 2005-10-18 09:07